Wind Rippleのblog

Wind Ripple の Photoブログへようこそ! 2012年yahooでブログ生活をスタートしました。 2018年から休眠ブログになっていましたがyahoo終了に伴い、引っ越してきました。 滝めぐりを中心とした写真のブログです。 限定記事やコメントが引越しできなかったのが残念です。 今は仕事が忙しくあまり更新ができないと思いますがほそぼそと続けていこうと思います。

休眠中のブログ引っ越しでブロ友さんとのつながりも切れてしまいました。コメントも引き継げなかったので少しさみしいですがまた一から始めたいと思います。

少し暖かくなってきたし在宅勤務が続いて体力が
どんどん落ちていってしまうので思い切って
出かけてみました。

東京都西多摩郡奥多摩町にある入川谷にある東京でも
有数の美瀑と聞く速滝です。
ここ入川谷は14年にもチャレンジしましたが前回は
最後の銚子滝の高巻きに自信がもてなかったのと
途中から雨に降られていたこともあり撤退しました。


そのため、途中の写真は端折ります。
前回の記事を確認してください。

布滝の記事はこちら ↓
布滝(東京都西多摩郡奥多摩町) : Wind Rippleのblog (livedoor.blog)

外道滝・銚子滝の記事はこちら↓
外道滝・銚子滝(東京都西多摩郡奥多摩町) : Wind Rippleのblog (livedoor.blog)

なお、前回とは大きく環境が変わっています。
19年の台風被害で㈱昭和石材工業所の駐車スペースから先は
通行止めになっています。行かれる際はその手前に車一台
なんとか止められるスペースがありますのでそちらに
駐めるようになります。

通行止めの原因は道路の土台の土砂が流れてしまっているためで
歩いて抜けるにも少し恐怖感がありました。ただ、ここを治した
としても以前は車も入れてバーベキューもできそうなスペースが
あったのですがそこが大きな石原に変わってしまったので車を
展開するスペースはないと思います。

布滝を超えてからはしばらくゴルジュ状のエリアを通りますが堰堤を
超えるのが以前よりもハードルが高くなっていたように感じました。
また、倒木が作ったダムのおかげで股下までは浸かって進むところが
あります。ザイルは3箇所で使いました。
銚子滝の巻降り箇所10m✖3回
ゴルジュの堰堤下への降り10m✖2回(ここはルートミス、
巻ルート探そうとして失敗、登りすぎて行き詰まりました。)
それと念のために倒木ダムを降りる時に補助的に使いました。

行かれる方は持って行っておいた方が安全だと思います。


では速滝です
_IGP3201

速滝は上下二段の滝です。

_IGP3203
速滝 下段の滝 落差10mほど

_IGP3208
下段

上段の滝へは手前の右岸側にある枝谷のガレ場を登って木の根っこ
などを利用して際どいところを平行移動します。怖いなぁと思う
ところにありがたいことに虎ロープが渡してありますのでそれを
利用させていただくとなんとか到着します。

_IGP3219
速滝 上段の滝 落差20mほど
私が東京の滝で一番好きな百尋の滝に雰囲気は似ていますが
ちょっと小ぶりです。

_IGP3213
もう少し水量が多いと見栄えがよかったかもしれません。
ちょっと期待値が高すぎたかな・・・。

_IGP3230
でも良い滝だと思います。

_IGP3239
下段の滝を覗き込んで終了としました。


おまけ
帰りに撮った銚子滝

_IGP3243

続いて外道滝
_IGP3244
前回印象的だったV字の滝頭は変わってしまってました。

訪問日:2021年4月11日 
訪問場所: 入川谷      
コースタイム: 5時間    
   (体力なしの私ではこれが限界かも(笑))
装備:ヘルメット、ハーネス類、
ザイル(20m)  
         沢用に使っている運動靴(ハイパーV)

ご訪問ありがとうございます。

_IGP3121

地獄棚(落差50m)

大滝沢

前の記事の大滝からしばらく登山道を登っていきます。
いくつか堰堤を超えていくと堰堤の上で2つの沢が合流する地点が
ありますのでそこから入渓します。
右岸から合流するのが大滝沢の本流になります。

途中左側から沖箱根沢が合流します。
_IGP3094
沖箱根沢F1 (落差15m)

訪問日まではほとんど雨が降っていなかったのでやはりといった
感じでしたがとても少なかったです。上にちらと見えるところが
F2のようです。

_IGP3102

本流に戻りしばらく行くと良い感じのナメエリアがありました。

ここを超えるとこの日の本命滝です。

_IGP3120
地獄棚 (落差50m)

こちらもみなさんの写真を見比べると水は少なめ
前衛のナメ小滝が良い味出しています。
右側は2つ前の記事の雨棚からくる大滝沢本流の流れ、
左側は地獄棚から流れる地獄棚沢の流れです。
この上で合流しています。

_IGP3123

個人的な感想ですがこの滝は緑の季節のほうが良いと思います。
水が多い時で右側の細い流れにも十分な水が流れていればいいのですが
これですとショボく見えてしまいます。良い滝なのですが
ここに着いた時は雨棚に行けるとは思っていなかったので少し残念な
気持ちになりました。

_IGP3130
これが精一杯。

新緑の季節に再訪したいと思います。

_IGP3135

ご訪問ありがとうございます。

(訪問日 2020年11月22日)


_IGP3069-2
大滝沢大滝 落差10m


落差10m程度ながら広い滝前スペースと広いお釜が印象的な滝です。
お手軽なので家族連れでも簡単に来られます。

林道ゲート付近の空スペースに駐車、畔ヶ丸への
登山道を500m、10分ほどの所にあります。


画像追加します。


_IGP3088-2

左側から
ぐるぐる写真を狙ったのですが釜が白いので葉っぱが目立ちませんでした。

_IGP3081
最後は右側の少し高いところから
写真撮影も楽しい滝です。

大滝沢



(2020年11月22日訪問)

↑このページのトップヘ