Wind Rippleのblog

Wind Ripple の Photoブログへようこそ! 2012年yahooでブログ生活をスタートしました。 2018年から休眠ブログになっていましたがyahoo終了に伴い、引っ越してきました。 滝めぐりを中心とした写真のブログです。 限定記事やコメントが引越しできなかったのが残念です。 今は仕事が忙しくあまり更新ができないと思いますがほそぼそと続けていこうと思います。

カテゴリ: 三重県の滝

赤目四十八滝ラストの記事です。
イメージ 2

荷担滝を巻くと流れが分岐します。本流は左股、支流が右股です。
実際には本流から先に行きましたが支流の滝は一個だけ、
しかもしょぼ滝なので先にします。

イメージ 3
【 夫婦滝 】 落差3m
しょぼい!

本流に戻ってもしょぼいです(笑)
イメージ 4
【 雛壇滝 】 落差2m
水量多かったら面白い流れだったのかも。

3つ目もしょぼしょぼ。だけど雰囲気はそれなり?
イメージ 5
【 琴滝 】 落差2m

そして最後の赤目五瀑
イメージ 6
【 琵琶滝 】 赤目五瀑その5 落差15m
この滝は下流側から小滝を絡めて撮影するのが
定番のようでしたが知らなかったので正面の画です。

イメージ 7
ただ、陽の差し込みが滝に入り水がキラキラ輝き良い感じ。

イメージ 1
苔の具合も良くて好きな画です。

イメージ 9
右側からの画を一枚だけ。

ここから10分ほどで最後の滝です。
イメージ 8
【 岩窟滝 】 落差7m

イメージ 10
しょぼ滝も多いですが、これだけの滝をそれなりの距離で回って
写真撮れるところはあまりありません。

お弁当もって思い思いの場所で食事ができる。良い所です。
家族がこちらにいれば絶対一緒に行っていると思います。
断られちゃうかもだけど(笑)

この後、忍者姿のモト冬樹さんにお会いしたのですが・・・。
あ~旅サラダ!すっかり見忘れていました・・・。

訪問日:2017年5月21日

長いことお付き合いありがとうございました。

いつもご訪問ありがとうございます。

赤目四十八滝のその3です。
まだ続きます(笑)
イメージ 2
笄滝を過ぎて雨降滝は・・・流れてなかったような・・・。
覚えてない・・・。
イメージ 3
【 骸骨滝 】 落差2m
だんだん面倒臭くなってきてます(笑)

イメージ 4
【 斜滝 】 落差2m
奥のがです(笑)
イメージ 5
こっちです。水量寂しいですが。

そして赤目四十八滝で一番画になる滝でしょうか?
イメージ 1
【 荷担滝(にないだき) 】 赤目五瀑その4 落差8m
遠望ですが上の流れも入ってこの角度の画が一番良いと思います。

イメージ 6
でも、下に下りても良い感じです(笑)

イメージ 7
正面にも下りられますがあんまりよくありませんでした。

イメージ 8
やっぱりこの滝は斜めからが良く似合います。

遊歩道でこの滝を巻く途中左の滝口の溜まり部分で・・・

発見!

新緑の中の
イメージ 9
ぐるぐる~!

ということで今日は短いけどこのへんで。

訪問日: 2017年5月21日

ご訪問ありがとうございます。

赤目四十八滝のその2です。
イメージ 3

千手滝を越えるとすぐです。
イメージ 1
【 布曳滝 】 赤目五瀑その3 落差30m
ここも広い淵が魅力です。陽が昇りちょっと厳しくなってきました。
淵に白い斑点の写り込み。そんな反射するものなかったと思うんだけど。

イメージ 2
滝は名前の如く布を曳いたように見えます。
苔むした柱状節理とその上に生えた木々が印象的な光景でした。

観光の皆さんはこの辺りで引き返す方が多いです。
パンフレットでゆったり散策コースと書いてあるからかな?

この滝を越えると強烈な陽の光。
イメージ 4
【 竜ヶ淵 】 落差3m?

強烈な陽の光で滝は飛びますが
イメージ 5
光と影はそれなりに面白い画になります。

イメージ 6
新緑も鮮やかに写り込みます。
このあたりは大きな滝はありませんがこんなのみながらのんびり進みます。
陰陽滝は本流の滝ではなくお湿り程度でした。

イメージ 7
遊歩道を外れ小休止。
右から張り出した木が良い感じです。
奥に見えるちっちゃいのが次の滝。

イメージ 8
【 姉妹滝 】 落差1m

新緑を愛でる区間が続きます。
イメージ 9
【 柿窪滝 】 落差5m
ここは渡渉して右側から近づきました。

イメージ 10

イメージ 11
小休止したばかりでしたがここでも小休止。
水の音を楽しみました。

右を越えるとまた大きな淵が現れます。
イメージ 12
【 笄(こうがい)滝 】 落差2m
大きな岩盤の上に杉の大木、新緑の写り込み、小さいけど自己主張する滝。
渡渉してまでここに来る人はいないので3連続小休止。休んでばっか(笑)

イメージ 13

イメージ 14
新緑サイコー!(笑)

今日はここまで。さらに引っ張ります(笑)

訪問日: 2017年5月21日

ご訪問ありがとうございます。

約20年ぶりの訪問です。
名古屋勤務時代、四国にツーリングに出かけてその帰り道に寄った覚えがあります。
四国で台風に伴う大雨に会い公園の東屋でテント張ろうとしたらお近くの方に声を
かけていただき一夜の宿の他、温かい食事とお風呂までいただいた思い出の
ツーリングでした。懐かしいなぁ。

ということでしたが当時はそれほど滝に興味があったわけではなく全く覚えていない。
おまけに季節も違うので思いの外楽しめました。

イメージ 3
パンフレットです。
ここからダウンロードできます。
入り口の日本サンショウウオセンター~最終目的地点の岩窟滝までは
3.3km、90分の行程、のんびり歩けてちょうど良い距離かな。

イメージ 2
入り口にある看板です。

では今日はその1です。
イメージ 4
【 行者滝 】 落差4m
遊歩道からの見下ろしの画になります。
早朝でしたので人も少なく下に下りられなくもなかったけど自重しました。

続く銚子滝は見過ごしました(´;ω;`)


イメージ 1
【 霊蛇滝 】 落差6m
入り口から5分足らずですが早速のクライマックス感。
滝よりもお釜の綺麗さがとても良かったです。

イメージ 16
滝はちっちゃいですけどね(笑)

イメージ 5
普段は上にかかる橋などの人工物は邪魔だと思うけど
ここは景色に馴染んでいてこの滝を構成する重要なパーツのような感じでした。
滝前も十分なスペースがあります。

イメージ 9
振り返ると朝日に照らされ新緑の木々が輝き始めていました。

この滝を右から遊歩道で巻き上の橋の上に。

そして橋から少し見下ろし気味に見えるのが
イメージ 6
【 不動滝 】 赤目五瀑その1 落差15m

イメージ 10
パンフレットの写真は大水量。
この日は好天が続いていたので水量は少なめでした。

イメージ 7
【 乙女滝 】 落差3m
ん~これを滝と呼ぶ~?ってのがこの後も出てきます(笑)

大日滝はスルーして

イメージ 8
【 千手滝 】 赤目五瀑その2 落差15m

イメージ 11
滝前は広く茶店もあります。
自由度があるので写真撮るのが楽しい滝です。

イメージ 12
ここまで入り口から20分ほど(私は撮影時間長いから???内緒です。(笑))

イメージ 13
右側の塩ビパイプは残念ですが綺麗な滝です。

最近の記事はちょっと長かったので今日はこの辺りで切ります。

イメージ 14

イメージ 15

https://yahoo.jp/mVXTw3

訪問日: 2017年5月21日

※今日は東近江のお姫様に逢ってきました。家来の吸血鬼は・・・?(笑)

ご訪問ありがとうございます。

↑このページのトップヘ